スマホを使ったお金を貯める3つの方法

スマホを使ったお金を貯める3つの方法

○うまくお金を貯めるように心理を誘導しよう!
 現在日本で、ケータイやスマートフォンを使わない人はほとんどいないでしょう。また、一日に1時間以上使用することはざらだという人も多いと思います。これらを節約に使うことができます。…といっても今回は使用料を下げる方法などの実際的な方法ではなく「スマートフォンを使って、節約したくなる心理状態を作り出す」ために有効な方法について解説をします。

 

1、「嫌いな会社の社長の画像」を待ち受けにする。
 昔、ネット依存症のクライエントが「自分がよく使う会社の社長が豪遊している姿」を見て依存症から脱却したという話があります。このように「自分のはまっているもの」と「自分の気に入らない画像」をセットにすることが重要です。例えば、「自分の好きなブランドの会社社長が豪遊している姿」などがこれに当たります。このような画像を待ち受けにすることで「こんな奴に儲けさせて貯まるか!」と節制する気持ちが浮かぶことでしょう。

 

2、 目標金額を常に意識できるようにしておく!
 これも重要です。例えば、コンサートのチケットがほしくなったとき。多くの人は予定を調べるために敬意タイ電話やスマートフォンを使うことでしょう。しかし、この時に「目指せ、○○万円!」と目標金額があったらどうでしょうか?おそらくは「やっぱりいいかな…」と考え直せるようになると思います。このように、常に目標となる金額を意識できるようにすることが重要になります。

 

3、ほしいものの画像を常に保存しておく!
 先ほどの待ち受けと同じですが、これもまたいい方法です。例えば、自分が今目標としてるものが車だったとしたら、貯蓄に疲れた時などにいつでもその車を見ることができるように写メとして保管するようにするといいでしょう。このようにしておけば「いや、まだまだ頑張らなきゃな!」という心理に自分を誘導することができるようになります。

 

○まとめ
 人間はどうしても、何も刺激がないと目標などについても忘れてしまうことになります。そこで、そのようなことの無いように携帯電話やスマートフォンを使ってモチベーションをキープすることが重要です。