節約を続けるための3つの方法

節約を続けるための3つの方法

○余計な出費を防ぐには「環境」を変えることが大事。
 人間の「意志の力」というのははっきり言って弱いものです。意志の力では目の前の小石一つ動かすことはできません。これは節約も同じで「今日から節約頑張ろう!」と思っても、なかなかうまくいかないものです。むしろ、「意志」を変えるよりも周りの「環境」を変えるようにした方が節約には効果的です。そこで今回は、余計な出費を防ぐための環境調整の方法を解説いたします。

 

1、 家計管理ツールを使う。
 まず、これが一番重要です。最近はパソコンなどでも家計簿などのソフトが出てきており、家計の管理がしやすくなりました。また、「操作することが楽しい」と思えるようなソフトや「1日4分程度で打ち込める」と思えるほどシンプルなものもあります。そこで、まずは一番自分に使えそうな家計管理ツールをダウンロードし、「毎日10時につける」などの目標を立てることにするといいでしょう。

 

2、 部屋をきれいにする。
 意外に思うかもしれませんが、これは非常に重要です。部屋をきれいにするということは、すなわち「物を探す時間を減らす」ということにつながるからです。例えば一日に5分のもの探しをする人がいたとしましょう。この人が仕事で稼ぐ時給を1200円と仮定すれば、ひと月に3千円分もの時間を損している計算になります。また、汚い部屋には帰りたくなくなり、つい外食ですませてしまうことも多くなります。この空いた時間を使ってお金を貯めるために様々なことができるため、部屋は常に片付けておくといいでしょう。

 

3、 台所を片付け、調味料をそろえる。
 台所が汚いと、「なんか今日は料理したくないな…」という気持ちになってしまいます。そして、それが原因となって外食で済ませてしまい、食費も栄養も問題が起きてしまう…ということは多いものです。そこで、このようなことを防ぐために、できる限り台所をきれいにし、また調味料をそろえることで「家計を節約するためになんか作ろうかな・・・」という気分になることが重要です。

 

○まとめ
 お金を節約するためには、まずは「家の居心地をよくすること」が重要になります。人間は外にいる時間が長いほどお金を大量に使ってしまう生き物だということを理解することが、浪費を防ぐために重要です。