プロミス専業主婦

プロミスは専業主婦だと利用できない!その理由

専業主婦は収入がないので、キャッシングサービスを利用するのは難しいです。大手のキャッシング業者であるプロミスの審査を突破できるのでしょうか。また、審査を突破しやすくする方法についても解説します。
主婦の方の中には旦那さんを含めた家族に借金の事実を知られたくない、と考えている方も多いです。こちらでは、家族に借り入れの事実が発覚しない利用方法があるのか、といった点にも注目してみました。
専業主婦が利用しやすいカードローンの「みずほ銀行 みずほMyWing わたし応援ローン」とプロミスとの比較も実施します。

 

 

プロミスでは、専業主婦の借り入れが認めていません。利用規約や法に触れてしまうのです。
こちらではプロミスではなぜ専業主婦だと借り入れができないのか、といったことについて、

 

プロミス「フリーキャッシング」の利用条件
総量規制の中身

 

以上の2つを中心に解説していきます。

 

・専業主婦はプロミスの利用規約(条件)に抵触してしまう
 プロミスで設定している利用条件は以下のとおりです。

 

年齢・・・20歳以上69歳以下であること
収入・・・安定した収入があること

 

専業主婦の方は年齢をクリアしていても、収入に関する条件をクリアしていません。働いておらず収入を得ていない主婦のことを専業主婦、とよんでいるわけです。プロミスの利用条件の一つである収入に問題が出てきてしまいます。

 

プロミスの利用条件はそれほど厳しい訳ではありません。パートやアルバイトの方でも利用可としていますし、主婦や学生の方でも利用できます。しかし、専業主婦といった収入がない方への貸し出しは行われていません。

 

では、なぜプロミスでは収入がない方への貸し出しを実行できないのでしょうか。それはプロミスが決めているのではなく、貸金業法によって定められているのです。

 

・プロミスは総量規制によって専業主婦への貸出ができない
 貸金業法が改正されて2010年より施行されています。その改正で、総量規制が新たに付け加えられました。

 

【総量規制の主な中身】
・年収の3分の1を超える借り入れはできない
・貸金業者が自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、他社との合計貸付額が100万円を超える場合は収入を明らかにする書類の提出を求めなければならない

 

利用者に関わる総量規制の内容はこの2点なのですが、プロミスが貸し出すケースでは二つとも大きく関わってくるわけです。

 

専業主婦は無収入なので、年収の3分の1を超える借り入れ自体ができません。年収0円の3分の1も何もないわけです。
総量規制については、すべてのキャッシング業者が影響を受けるわけではありません。銀行は対象範囲外とされています。しかし、プロミスをはじめとする消費者金融業者やクレジットカード業者をはじめとする信販業者は規制を守らなければならないのです。

 

??専業主婦がキャッシング審査に通るコツ
 プロミスなどの消費者金融業者ではキャッシング審査に通ることはありません。現状のままでは残念ながら借り入れができないので対策を練る必要があります。
こちらでは、専業主婦がプロミスを利用するために取るべき行動についてお話します。

 

・アルバイト、またはパートを始めよう
 無収入の専業主婦のままであれば、プロミスは利用できないわけです。唯一無二の対策法になるのが、「仕事をする」といったことになります。
何も正社員になれと言っているわけではありません。プロミスでは非正規社員の利用も認めています。ですから、アルバイトやパートでも良いわけです。とりあえず仕事を始めてください。パートやアルバイトであったとしても、毎月の収入があれば、【安定した定期収入】があると判断されるわけです。

 

プロミスの利用条件を確かめると、収入がどれくらいなければならない、といった決まりがないことに気づくはずです。収入額は審査に全く関わりがないわけではありませんが、収入が少ないからといって貸し出さないわけでもありません。
コンビニエンスストアや、ファミリーレストラン、スーパーマーケットなどで働いても構いません。自分が働きたい職種を選んで、仕事を開始しましょう。

 

 

・アルバイトやパートを始めた|その上で審査を通りやすくするコツ
 アルバイトやパートであると、プロミスも収入が不安定である、といった印象を持っているわけです。貸し倒れリスクが有るのではないか、といったことを考えさせてしまいます。そこで利用して欲しいのが、給与明細などの書類の提出です。

 

毎月の勤務日数雨が確認できるシフト表の写し
毎月の収入額が確認できる給与明細の写し

 

これらを用意しておきましょう。あなたの信用度も格段にアップするので、業者側としても安心して貸し出せる環境が整うわけです。

旦那にバレずにプロミスで借り入れする方法

基本的に、キャッシングを利用するときは借り入れする本人と業者の契約になるので、他の方にバレるケースはほとんどありません。しかし、可能性としては全く無いわけではないのです。
こちらでは、プロミスにおける家族バレリスクを少なくする借り入れ方法について徹底解説します。旦那さんに黙って借り入れする予定な方は必見です。

 

・WEB契約は利用しないこと
 プロミスで最も簡単に申し込めるのがWEB契約です。パソコンやスマホを利用して申し込みを行い、契約までしてしまう方法です。来店する必要が無い、といったメリットが有ります。しかし、来店しないからこそ、旦那さんにキャッシングすることが発覚してしまうリスクが生じてしまうのです。

 

すべての契約をインターネット上でしてしまうと、次の書類が家に郵送されてしまいます。

 

契約書類
カード

 

あなたが受け取って、家族の目に触れないようにすれば発覚することはないかもしれません。しかし、100%家族の目に触れないか、といった保証はありません。間違って封書を空けられてカードや契約書類を見られてしまうかもしれません。

 

・自動契約機での契約をして、カード発行を受けること
 プロミスでは全国各地に店舗や自動契約コーナー、さらにローン契約コーナーを設けています。公式ホームページより地域検索などができるので、近くの店舗や契約機を探してください。
ちなみにプロミスへの申し込みを実施するときは、ネットを利用しても構いません。すべてをネット上では済ましてはいけないのです。申し込みはネット上で行い、契約は自動契約機で行う、といった方法を選択すればよいのです。

 

・明細書を受け取らないように手続きすること
自動契約機を利用して契約を行うときですが、注意して欲しいのが書面の受取方法です。

 

契約時に必ず、

 

「プロミスのホームページで書面(WEB明細)を確認」

 

を選択してください。でなければ、明細書が自宅に届くようになってしまいます。毎月、明細書が家に届いてしまえば、旦那さんに発覚する確率が一気に高まってしまいます。

 

・返済時の注意点
 当たり前ですが、返済日は必ず守ってください。滞納してしまうと、家に督促の電話がかかってきます。
プロミスはまっとうな貸金業者なので不当な取り立ては行いませんが、たびたび家に電話がかかってしまうと家族に勘ぐられてしまうかもしれません。

 

特に返済方法は何を選んでも問題ありません。しかし、家族が確認する口座からの返済早めておきましょう。毎月一定額の引き落としがあると、チェックされてしまうかもしれません。引き落とし名を検索されてしまえばアウトです。

 

※通帳への記名は、三井住友銀行の場合は「パルセンター」、ジャパンネット銀行の場合は「プロミス」となります。その他の金融機関を利用すると「SMBC(SMBCコンシューマ)と記載されます。

 

・ネットの履歴は消しておこう
 家の共用パソコンからプロミスのページにアクセスしていませんか。履歴から度々アクセスしていることが発覚する可能性もあります。
ブラウザの履歴を必ず削除してください。また、共用パソコンからはプロミスのページにアクセスしないように気をつけましょう。

 

??主婦が借り入れをするときの注意点
 主婦が借り入れるにあたり注意して欲しいのが「使途」です。要は、借り入れしたお金の使い道が問題になります。どんなものに使えるわけでもありません。

 

・プロミス「フリーキャッシング」の資金使途について
 「生計費に限る」とプロミスでは設定しています。少しわかりにくいかもしれませんが、事業資金や投資系の資金には利用できないが、一般的な生活に必要になるような資金として利用できる、といったことになります。

 

※個人事業主の方は事業資金として使っても問題なし。

 

【プロミスのフリーキャッシングの使途例】
・生活費
・旅行費用
・医療費用
・教育費
・冠婚葬祭にかかる費用など

 

そもそもプロミスのフリーキャッシングは多目的系のローンです。目的別ローンのように、一つの物事にしか使えない、と決まっているわけではありません。最低限のルールはありますが、自由な利用を認めているのです。

 

ギャンブル利用については認められていません。ギャンブルに利用してしまうと、将来的に債務整理ができなくなる、といった状態にもなりかねません。

 

??収入がない主婦と融資〜配偶者貸し付け〜
 プロミスでは認められていませんが、他の業者では収入がない貸し付けを実施しています。こちらではその一つである「配偶者貸し付け」の中身を明らかにします。

 

・夫婦の収入を元に貸し付ける制度である
 夫婦の収入を合算し、その3分の1までを貸し付けるものです。

 

夫の収入・・・450万円
妻の収入・・・150万円

 

個別であれば、夫は最大で150万円まで、妻は50万円までしかが出来ませんが、合算することで年収は600万円となり200万円まで借り入れできる、といった状態になります。

 

注目して欲しいのが、夫には収入があり妻に収入がないケースです。

 

夫の収入・・・450万円
妻の収入・・・0円

 

このケースは夫の収入450万円を基準に貸し出しができます。ですから奥さんが最高で150万円まで借り入れができる、といった状態になるわけです。これが「配偶者貸し付け」の仕組みです。

 

・配偶者貸し付けを利用するために必要なこと
 幾つかの書類を余計に用意しなければなりません。一般的なキャッシングでは、本人確認書類と、必要に応じて収入証明書程度ですよね。

 

【配偶者貸し付け利用時に必要になる書類例】
・配偶者の同意書
・住民票or戸籍妙本
・配偶者の収入証明書
・本人の本人確認書類

 

最もネックになるのが配偶者の同意書でしょう。配偶者貸し付けを利用する場合には、確実に旦那さんに借金の事実が発覚することになります。旦那バレなしで借金することは、配偶者貸し付けでは無理なのです。

 

・配偶者貸し付けが利用できる業者は少ない
 大手の消費者金融はプロミスを始め、どこも配偶者貸し付けは実施していません。アコムもアイフルもモビットも契約する本人に、収入がなければ貸し出し不可としています。

 

配偶者貸し付けは、一部の銀行カードローンが行っています。ただし、借り入れ上限額が30万円に設定されているケースもあるなど、必ずしも配偶者の収入の3部の1まで借り入れできるわけではありません。
専業主婦にとって配偶者貸し付けは、良い選択肢とはいえないのです。

 

【配偶者貸し付けをおこなっている銀行カードローン例】
・みずほ銀行カードローン
・東京三菱UFJ銀行カードローン バンクイックなど

 

??決まった収入がない主婦にオススメのカードローン
 「みずほ銀行 みずほMyWing わたし応援ローン」がおすすめカードローンの一つです。ローンカード発行なしでも利用できるメリットが有ります。旦那バレを防げる可能性が高いカードローンなのです。
こちらでは、みずほ銀行 みずほMyWing わたし応援ローンとプロミスを比較します。どちらがおすすめなのでしょうか。

 

・金利について

 

プロミス・・・4.5%から17.8%
みずほMyWing・・・12.0%から14.0%

 

最低金利ではプロミスが有利で、最高金利はみずほMyWingとなります。基本的に、金利は利用金額によって左右されることになるので、高額利用を計画している方はプロミスが有利、低額利用を考えている方はみずほMyWingが有利、となります。

 

・限度額について

 

プロミス・・・500万円まで
みずほMyWing・・・10万円から100万円まで(専業主婦は30万円まで)

 

プロミスは専業主婦への貸出は実施していませんが、収入がある主婦であれば、高額融資も行っています。みずほMyWingは専業主婦の利用はできますが、30万円と低めに設定されており、収入のある主婦であったとしても100万円に限定されています。

 

 

・プロミスVSみずほMyWingまとめ
 どちらにも良い面もあれば悪い面もある、といった印象です。専業主婦のままで利用するのであれば、みずほMyWingです。しかし、すぐに利用したいといったことを重視している主婦であればプロミスが有利となります。

 

ちなみに審査の難易度は一般的自消費者気移入がゆるく、銀行カードローンが厳しいとされていることを最後に記しておきます。