プロミス会員ログイン

プロミスのWebサービスを利用するためには会員登録が必要!

店舗ATMやインターネット経由でプロミスのキャッシュカードを発行することができたら、次に使いたいものがプロミスのWebサービスですよね。ただ、実際に使おうと思うと、「会員登録やら情報の入力が必要になって面倒くさい。」と思っていませんか?

 

実はWebサービスを利用する上での作業は非常に簡単です。そして、Webサービスの内容も多岐にわたっていて、さまざまなサービスが用意されています。ぜひサービスの内容まで知って、お得な生活を送りましょう。

 

プロミスのWebサイトにアクセスをすると、サイトの右上に「会員ログイン」という青いボタンがあります。Webサービスにログインをするためには、ここからアクセスをしていきます。

 

そうすると、Webサービスにログインをするための「ログインフォーム」が表示されます。ここでは2種類のログイン方法があります。

 

@お手元のカードに書かれているカード番号でログインをする
 1種類目は、お手元にあるキャッシングのカードに記載されているカード番号を入力してログインをする方法です。パスワードもカード発行時に設定をしたものと同じです。Webサービスを利用する方法として1番簡単な方法です。

 

AWeb‐IDでログインをする
 2種類目が、Web‐IDでログインをする方法です。それでは「Web‐ID」とはいったいどんなIDなのでしょうか?

 

 Web‐IDとは、Webサービスを利用するためだけに使うIDのことで、プロミスのWebサイトから発行手続きをすることができます。発行手続きといっても簡単なもので、Web‐IDのログインフォームの下を見ると、「Web‐IDをお持ちでない方はコチラ」というリンクが用意されています。

 

 そのリンクにアクセスをして、あなたの「会員番号」と「メールアドレス」を入力して、「実行」ボタンを押します。そうすると、記載したメールアドレスにWeb‐IDを設定するためのメールが届きますので、そこからパスワードなどを設定します。

 

 このIDとパスワードは、Webサービスを利用するためだけに使われるものなので、忘れないように注意しておきましょう。とはいえ、忘れた場合には、「Web‐ID、パスワードをお忘れの方はコチラ」というパスワード再発行のリンクが用意されていますので、ご安心ください。

 

 以上の2つの方法でWebサービスにログインをしていきます。実際には「会員登録」という作業は必要無く、簡易的な方法では発行したカードがあれば利用できるようになっているのです。

 

 

●キャッシングカードを無くしてしまったらどうすればいいの?
 キャッシングを利用していると、なかなか財布には入れておきにくいカードなので、どこに入れたのか忘れてしまって、キャッシングカードがどこかに無くなってしまうという事態になってしまうことがあります。そんな時には2つのことをすぐに行いましょう。

 

@すぐに「プロミスコール」へ電話をする
 まずは、すぐにプロミスが運営しているコールセンターである「プロミスコール」へ電話をしましょう。カードを紛失して1番困ることが、本人が知らないところで勝手にカードを利用されてしまうことです。

 

 プロミスコールに電話をすれば、キャッシングカードの利用停止措置や、キャッシングカードの再発行手続きの案内まで、一通り行ってくれるはずです。「恥ずかしい」「電話をすることが面倒だ」と思わずに、すぐに電話をするようにしましょう。

 

A最寄りの交番へかけこむ
 プロミスコールに電話をしたら、次は最寄りの交番の警察官に、「カードを紛失した」旨を伝えましょう。そうすると、警察官の方が「紛失届」を作成してくれます。そうすることで、全国の交番に情報が行き渡ることになり、キャッシングカードが見つかった時に、連絡がもらえるようになります。

 

 

●カードの暗証番号を忘れてしまった時はどうすればいいの?
 どこかにログインをする機会が非常に増えてきました。そのため暗証番号も忘れやすくなっています。プロミスでは、カードの暗証番号を忘れてしまった場合、自動契約機がある場所や、プロミスの店舗に行かなくてはなりません。

 

 ここで注意いただきたいことが、「電話やメールでの問い合わせでは、カードの暗証番号設定ができない」ということです。自動契約機がある場所や、プロミスの店舗に行き、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類を持っていく必要があります。

 

 大事なカードの暗証番号なので、簡単には教えることができない仕組みになっているんですね。1度忘れてしまうと、再設定までには少し面倒な作業が必要となるので、暗証番号は忘れないようにしましょうね。

プロミスのサポート体制はどうなっているの?

プロミスでは、インターネットや電話などで、利用者の方に対してサポートサービスを行っています。1番早く問題を解決する方法は、「電話での問い合わせ」です。電話を受けてくれたオペレーターの方が、親身になって話を聞いてくれます。カードの紛失や盗難に関しては、24時間対応してくれるので安心ですよね。

 

 そしてもう1つのサポート方法が「インターネット」です。こちらのサポートサービスは、リアルタイムでのやり取りではないため、解決するまでに時間がかかります。21時から翌9時までの問い合わせについては、翌9時以降に対応することになっていますし、支払いに関する問い合わせ対応は、電話でしか受けてもらえません。

 

 フリーコールになっているので、何か問い合わせをする際には、なるべく電話で問い合わせることをオススメします。

 

 

●お得なWebサービスって何?
 プロミスでは、様々なWebサービスを用意しているのですが、具体的にどういったサービスがあるのでしょうか?特徴的なものをご紹介します。

 

・瞬フリ(振込キャッシング)
インターネットやプロミスの店舗窓口で利用できるサービスで、申し込みをする最短]10秒で、あなたの銀行口座にプロミスがお金を振り込んでくれるサービスです。特に、三井住友銀行とジャパンネット銀行の口座を持っている場合には、銀行の営業時間外であっても、土日や深夜であっても、最短10秒でお金を振り込んでくれるのです。

 

突発的なお金が必要となりやすい休日でも、すぐにお金を借りることができるのは心強いですね。即日振込はやはり大きなポイントとなります。

 

・ポイントサービス
プロミスのインターネットサイトへのログインや、収入証明書などの提出により、プロミスのポイントが貯まっていきます。そして貯まったポイントは、「提携ATM手数料無料サービス」や「利息を無利息にする」ことを使うことができます。

 

ATMなどの手数料は、10回を超えると1,000円を軽く超えてしまうので、ポイントを有効に活用して不要な手数料は支払わないようにしていきたいですね。

 

・インターネット返済
プロミスの「インターネット返済」を利用すれば、わざわざATMに出向かなくても、インターネットの操作だけで返済を済ませてしまうことができます。

 

対象となっている銀行は、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・ジャパンネット銀行・みずほ銀行・楽天銀行の5行となっております。もちろん手数料は無料です。

 

・口フリ(口座振替)
キャッシングの返済では珍しく、毎月の支払いを口座振替にすることができます。キャッシングの利用で1番怖いことが、返済の遅延です。お金はあったとしても、返済日のことを忘れていて、結果的に「返済遅延」になってしまったということもあります。

 

あなたが特に支払いを忘れやすいのであれば、「口フリ(口座振替)」をご利用いただくことをオススメします。

 

 

●まとめ
 ここまで、プロミスのWebサービスについてまとめてみました。Webサービスを利用するためにはログインが必要ですが、会員登録は不要なので面倒となることはありません。

 

 お得なWebサービスも多くありましたね。土日を問わず、申し込みをしたら最短10秒でお金を振り込んでくれるなんて、素晴らしいサービスですよね。その他にもいろいろとサービスが用意されていますので、あなたに合ったサービスを活用していってくださいね。