プロミス個人事業主

個人事業主の方は「自営者カードローン」で借り入れ

個人事業主・自営業者の方は、資金不足でキャッシングの利用を考えたときにも「審査に落ちてしまうのでは…」と申込をためらってしまうことが多いと思います。
プロミスの「自営者カードローン」は、個人事業主・自営業者に特化したキャッシングです。もちろん、利用限度額までは何度でも借入可能。カードを作っておけば、ATMを使っていつでも出金できますから、急に資金が必要になったときに備えることができます。

 

・個人事業主はキャッシング・カードローンの審査に通りにくい

 

お金が必要になったとき、無担保で気軽に借りられるのが消費者金融のキャッシングや銀行カードローンです。けれど、キャッシングやカードローンは、申し込んだだけでお金を貸してくれるわけではありません。お金を借りる際には、必ず審査があります。
審査の際には、年収だけでなく、収入が安定しているかどうかも重視されますから、毎月固定収入のある会社員は有利です。一方、自営業を行っている個人事業主は、収入が多いときもあれば少ないときもありますから、毎月の収入が安定しているとは言えない場合が多くなっています。また、お金を貸す側にとっては、本当にその人の事業がうまくいっているのか、本当に返済能力がある人なのかもわかりにくいですから、簡単には融資してくれないのが普通です。
こうしたことから、個人事業主は、キャッシングやカードローンを申し込んでも、結局審査落ちになってしまったり、利用限度額が低くなってしまったりして、不利に扱われることが多くなっています。生活費や事業資金を調達したくても、消費者金融からは借りられないと思っている個人事業主の方も多いかもしれません。

 

・個人事業主の専用カードローンがある

 

キャッシングで不利な状況になってしまう個人事業主の味方になってくれる商品が、プロミスにはあります。それが、「自営者カードローン」です。
自営者とは、自営業者や個人事業主など、会社勤めでなく自分で事業を行っている人のこと。自営者カードローンは、自営業者や個人事業主を対象としたカードローンになります。プロミスでは、通常は「フリーキャッシング」を申し込むケースが多いと思いますが、個人事業主の場合には自営者カードローンを選ぶのがおすすめです。

 

・フリーキャッシングと自営者カードローンの違い

 

自営者カードローンは、個人事業主や自営業者が事業資金の借入ができる点で注目されている商品です。というのも、一般的な消費者金融のキャッシングやカードローンでは、生活費の借入はできますが、事業資金の借入はできないからです。
プロミスの場合には、個人事業主はフリーキャッシングを利用した場合にも、事業費の借入ができます。また、自営者カードローンで借入した場合にも、借りたお金を生活費に使うことが可能です。金利や返済方式などの融資条件も、両者はほぼ同じになっていますから、それほど大きな違いはありません。
フリーキャッシングと自営者カードローンの違いとしては、フリーキャッシングの最大融資額が500万円であるのに対し、自営者カードローンでは最大300万円である点があります。また、自営者カードローンでは、本人確認書類以外に用意しなければならない書類が出てきますから、申し込みの際に若干手間がかかってしまいます。
けれど、書類さえ用意できれば、個人事業主の場合には、自営者カードローンの方が借入しやすくなっています。ですから、融資希望額が300万円までであれば、個人事業主は自営者カードローンを選んだ方が良いと言えます

申し込みからカード発行までの流れ

プロミスの自営者カードローンは、スピード審査にも対応しています。急いでいる場合には即日融資も可能になっていますから、急な出費の際にも利用ができます。
自営者カードローンの申し込みからカード発行までは、以下のような流れになります。

 

・申し込み

 

自営者カードローンの申し込み方法は、自動契約機、電話、店頭窓口、郵送の4通りになります。フリーキャッシングと違ってインターネットでの申し込みには対応していません。

 

・審査

 

申込者が提出した書類をもとに審査が行われます。フリーキャッシングと同様、信用情報の照会も行われますから、他社で延滞等が発生していれば審査に通りません。
なお、自営者カードローンは総量規制の対象外となっているため、他の貸金業者のローンなどの借入額と合わせて年収の3分の1を超えることになっても、新規借入は可能です。

 

・審査結果の連絡

 

プロミスから限度額を含めた審査結果の連絡が来ます。なお、審査結果はあらかじめ申し出た連絡先に通知してもらえます。

 

・契約・カード発行

 

審査に通過すれば、契約手続を行うことになります。なお、手続の際には、自動契約機または店頭窓口へ出向く必要があります。契約手続が完了すれば、カードを発行してもらえますから、カードを使ってATMから出金することができます。

 

●自営者カードローンの内容とは?

 

・融資額

 

プロミスの自営者カードローンの融資額は最大300万円となっています。300万円までの範囲内で、審査によってその人に応じた利用限度額が設定される形になります。
自営者カードローンの利用者は、利用限度額の範囲内で、何度でも借入ができます。

 

・借入利率

 

自営者カードローンの借入利率は、実質年率で6.3%〜17.8%となっており、金利の上限はフリーキャッシングと同じになっています。
借入金額が100万円未満の場合には、通常は17.8%の金利が適用されます。なお、100万円以上になる場合には、利息制限法により上限金利が15%となります。

 

・返済方式

 

プロミスの自営者カードローンの返済方式は、フリーキャッシングと同様、残高スライド元利定額返済方式になっています。残高スライド元利定額返済方式では、最終借入後の借入残高に応じて毎月の返済額が変わります。
たとえば、借入残高が30万円以下では借入残高の3.61%(1000円未満切り上げ)が返済額になりますから、残高10万円の場合には、

 

10万円×3.61%=3610円

 

となり、1000円未満を切り上げた4000円が毎月の返済額になります。と言っても、必ず4000円ちょうど支払わなければならないわけではなく、4000円以上であればいくら返済しても良いことになっています。
なお、現在の借入残高や返済額については、プロミスインターネット会員サービスを利用して確認することができます。

 

・使途

 

自営者カードローンの使い道は、生活費または事業費となっています。事業資金だけでなく、プライベートな資金にも使えるというメリットがあります。

 

●申し込みに必要な書類

 

・本人確認書類

 

本人確認書類としては、運転免許証を持っていれば、運転免許証があればOKです。免許証がなければ、健康保険証かパスポートで本人確認を行います。

 

また、借入れ総額によっては収入を証明する書類が必要となってきます。

 

個人事業主の場合には、源泉徴収票や給与明細がありませんから、収入証明書類として確定申告書の写しを提出することになります。

 

※外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む) が必要です。

 

自営者カードローンでは、どんな事業を行っているかがわかる書類も提出しなければなりません。
たとえば、許認可が必要な事業であれば営業許可書を提出する必要があります。なお、営業許可書を提出する場合には、有効期限が切れていないことが必須です。
営業許可書がなければ、請求書、領収書、納品書などを提出すると良いでしょう。

 

●自営者カードローンを契約するにあたっての注意点

 

・インターネットからの申し込みはできない

 

フリーキャッシングの場合は、インターネットから24時間いつでも申し込みができますが、自営者カードローンはインターネットからの申し込み受付は行っていません。郵送で申し込みすることもできますが、急いでいる場合には店頭窓口か自動契約機まで出向いて申し込みし、手続する必要があります。
即日融資を希望する場合には、電話で申し込みをした後、店頭窓口や自動契約機へ出向くようにすると良いでしょう。

 

・消費者金融の金利は高い

 

事業資金については、銀行や信用金庫などから借りることもできます。銀行などでは、低金利でお金を借りられます。一方、プロミスは消費者金融ですから、自営者カードローンと言っても金利は高くなっています。
銀行では審査が厳しいうえに、小口の融資にはなかなか対応してもらえません。まだ起業して間もない個人事業主なら、実際のところ銀行からの借入は難しいと思われますから、金利が高くても自営者カードローンを利用するメリットがあります。
けれど、消費者金融で借入した場合、返済にあまり時間をかけていると利息の負担が大きくなってしまいますから、できるだけ早く返済するのがおすすめです。自営者カードローンを利用する場合には、毎月の返済額をできるだけ多くして、早めに完済するのが良いでしょう。