プロミス金利

プロミスの金利は他社と比較して安いのか?

プロミスの金利は、他社と比較して低いのでしょうか?キャッシングを利用するうえで、金利の低さは、利用者にとって重要なキーワードです。しかし、気にするべき点は金利だけではなく、支払い総額も考えなければいけません。金利が低かったとしても、返済回数が増えていけば、支払い総額も高くなっていきます。返済金額を少なくするためには、金利と返済回数が非常に重要なのです。まずは、プロミスの金利を確認して、他社の金利と比較してみましょう。

 

企業名 実質年率(金利)
プロミス 4.5%〜17.8%
アコム 4.7%〜18.0%
レイク 4.5%〜18.0%
アイフル 4.5%〜18.0% 
モビット 3.0%〜18.0%

 

上記の金利比較表を見ると、プロミスの最大金利がもっとも低く、最低金利ではモビットがもっとも低いことがわかります。各社の金利決定方法に差が付くのは、100万円以上の融資のみ。100万円以下の小口融資なら各社の最大金利が必ず適用されます。
消費者金融の利用方法は人それぞれかもしれませんが、総量規制の関係で、借入総額は年収の3分の1までと定められています。年収300万円の方が借入できる金額は最大100万円となり、年収500万円の方でも約166万円が借入限度額となります。消費者金融を利用するうえで注目するべき金利は、最低金利ではなく、最大金利なのです。
100万円以下の小口融資を前提に考えると、プロミスの金利がもっとも低いことがわかります。次に実質年率(金利)の計算方法を確認しましょう。

 

・実質年率(金利)の計算方法

 

借入金額×借入利率÷365日×利用日数=利息

 

上記の式をプロミスと各社の利息を計算してみましょう。

 

例1.プロミスで50万円を30日借入した利息
50万円×17.80%÷365日×30日=利息7,315円

 

例2.プロミス以外の消費者金融で50万円を30日借入した利息
50万円×18.0%÷365日×30日=利息7,397円
プロミスのほうが、利息は低いとわかります。次に、プロミスにおける毎月の最低返済額を確認しましょう。

 

借入残高 毎月の最低返済額 ※1,000円以下切り上げ 返済回数 ※目安
30万円以下 借入後残高×3.61% 〜36回
30万円超過〜100万円以下 借入後残高×2.53% 〜60回
100万円超過 借入後残高×1.99% 〜80回

 

借入後残高によって、毎月の最低返済額は変動します。50万円借入した場合の最低返済額は、50万円×2.53%=13,000円(1,000円未満切り上げ)となります。毎月13,000円返済すると、完済するまでに58ヶ月掛かるということです。下記の表は、プロミスで50万円借入した場合の返済計画を省略したものです。

 

返済回数 返済額 元金 利息 借入残高
1回 13,000円 5,584円 7,416円 494,416円
25回 13,000円 7,951円 5,049円 332,483円
58回 5,160円 5,085円 75円 0円
累計 746,160円 500,000円 246,160円

 

返済金額は最終回の58回目を除き、全て13,000円ですが、返済を重ねるほど利息と元金の比率が変動します。1回目の返済額の内訳は、元金5,584円+利息7,416円=13,000円。元金と利息の比率が利息に重視されています。25回目の返済額の内訳は、元金7,951円+利息5,049円=13,000円。元金と利息の比率は、元金に重視されるようになりました。返済回数を重ねていくほど、元金が減っていくため、返済金額は変わらずとも、利息の支払いが減っていくのです。
少し話は変わりますが、もしも最低返済額を支払えなかった場合は、利息分だけを入金することで、急場を凌ぐことができます。利息分を入金しておけば、個人信用情報機関に記録が残ることはなく、プロミスからペナルティをもらうこともありません。プロミスでは「60回以内に返済して下さい」指示されていますが、返済回数が延びたとしても、特にペナルティはないので、無理せず返済していくことができます。

利息と支払い総額を減らす方法とは?

利息は借入後残高と比例しています。返済回数が少なくなれば、その分利息も減少します。

 

1.借入金額50万円 返済回数58回
2.借入金額50万円 返済回数36回

 

どちらも借入金額は同じく50万円ですが、返済回数に大きな差があります。

 

返済回数 返済額 元金 利息 借入残高
1回 18,026円 10,610円 7,416円 489,390円
25回 18,026円 15,107円 2,919円 181,706円
36回 18,008円 17,745円 263円 0円
累計 648,918円 500,000円 148,918円

 

返済回数 返済額 元金 利息 借入残高
1回 13,000円 5,584円 7,416円 494,416円
25回 13,000円 7,951円 5,049円 332,483円
58回 5,160円 5,085円 75円 0円
累計 746,160円 500,000円 246,160円

 

 

返済回数58回の累計返済額746,160円
返済回数36回の累計返済額648,918円
差額97,242円

 

累計返済額におよそ10万円の差額があります。最低返済額以上の金額を支払うことを、繰り上げ返済と言い、利息と支払い総額を減らすためには、繰り上げ返済が有効な方法です。

 

●残高スライド元利定額返済方式を解説

 

残高スライド元利定額は、いわゆる「リボ払い」のひとつです。

 

1.元利定額リボルビング方式
2.元金定額リボルビング方式
3.元利定率リボルビング方式
4.元金定率リボルビング方式
5.残高スライド元利定額リボルビング方式
6.残高スライド元金定額リボルビング方式
7.残高スライド元利定率リボルビング方式
8.残高スライド元金定率リボルビング方式

 

リボ払いと一口に言っても、これだけの種類があるのです。プロミスの残高スライド元利定額返済方式とは、毎月定額の返済金額を支払い、その返済金額には利息が含まれているということを意味します。毎月返済額が決められているので、返済金額がわかりにくいということもなく、返済しやすいというメリットがあります。しかし、返済を継続していくと、元金をいくら返済したのか?借入残高はいくら減ったのか?返済状況の確認が難しくなるというデメリットが考えられます。残高スライド元利定額返済方式のデメリットを補うために、返済シミュレーションの活用がおすすめです。

 

●返済シミュレーションのサービス内容

 

返済シミュレーションを活用すれば、返済金額、返済期間、借入可能額をシミュレーションすることができます。

 

1.返済金額シミュレーション

 

借入金額と返済期間を入力して、実質年率(金利)を選択します。100万円以下の借入なら、最大実質年率17.8%が適用されます。ここで表示された数字の1,000円未満を切り上げた金額が、毎月の返済金額となります。

 

2.返済期間シミュレーション

 

借入金額と毎月の返済額を入力して、実質年率(金利)を選択。次のページで表示される期間が、実際に掛かる返済期間となります。※最低返済金額を支払い続けた場合。

 

3.借入可能額シミュレーション

 

毎月の返済可能額と返済期間を入力して、実質年率を選択。次のページで借入可能額が表示されます。
例)毎月返済可能額10,000円、返済期間12ヶ月、実質年率17.8%の場合、借入可能額は109,238円となります。

 

借入前に返済シミュレーションを活用することで、より綿密な返済計画を立てることができます。金利や実質年率、返済金額の計算を自力で行うと、間違えてしまう可能性もありますので、返済シミュレーションを活用して、間違いのないデータを確認しましょう。借入後に利用すると、現在の元金や利息、借入残高を確認するのに役立ちます。返済シミュレーションは、借入前だけではなく、借入後も定期的に活用して、現在の借入残高などを確認することをおすすめします。

 

●30日間無利息サービスとは

 

プロミスを初めて利用する際に、Eメールアドレスを登録して、書面の受取方法を「プロミスのホームページにて書面(WEB明細)を確認」を選択すると、初回借入時に30日間無利息サービスを利用できます。一度完済してから再び借入を行ったとしても、無利息期間が残っていれば、再度サービスが適用されます。また、初回利用時から30日以内であれば、追加融資についても無利息で借入できます。30日間無利息サービス期間内に全額返済すれば、金利が一切掛からない無利息キャッシングが可能になります。
まだプロミスをこれから利用される方は、30日間無利息サービスを利用することをおすすめします。給料日前や急な出費、少額借入などが必要なシーンは、プロミスを利用してみてはいかがでしょうか?