プロミス住宅ローン

プロミスなどのキャッシングは住宅ローンにどんな影響を与えるのか

現在プロミスで返済中の方でも、住宅ローンは組めるのでしょうか。住宅ローンは金額も大きいため、その他のローンより審査が厳しいと言われています。プロミスをはじめ、消費者金融で借入がある方は、住宅ローンは組めないという噂もあるし、やっぱり諦めた方がよいと思う方もいるでしょう。

 

しかし、借入があっても住宅ローンは組めます。ただし、一部の人を除いてという条件付きです。条件とは何か、住宅ローンを組むためにはどうすれば良いのか解説していきます。

 

昔から「夢のマイホーム」なんていう言葉があるくらい多くの人が自分の家を持つことに憧れています。しかし、住宅は人生で一番大きな買い物です。現金で購入する方は少なく、多くの方は住宅ローンを組むことになります。

 

しかし、ここで気になるのが住宅ローンの審査に通るかどうかではないでしょうか。特に現在プロミスなどの消費者金融で借入がある人は住宅ローンの審査に影響が出てしまうのではないかと不安を抱えている方もいるでしょう。

 

・問題がなければ住宅ローンは組める
結論から言うと、プロミスなどの消費者金融から借入をしていても住宅ローンは組めます。しかし、条件によっては住宅ローンが組めない場合があります。住宅ローンの返済比率と消費者金融の返済額のバランスを見て、家計負担があまりにも大きかったり、過去に遅延など事故経歴があったりした場合です。それぞれどのような状態なのか、またどうすれば審査に通りやすくなるのかを細かく見て行きたいと思います。

 

・住宅ローンの返済比率と消費者金融の返済
住宅ローンで重要視されるのが「返済比率」です。これは、1年間の返済額が年収の何%になるのか見る数字です。一般的に以下の比率であれば無理なく返済できる金額として見られます。

 

住宅ローンの返済比率
・税込み年収200〜300万円の方は年収の25%以内
・税込み年収300〜400万円の方は年収の30%以内
・税込み年収400万円の方は年収の35%以内

 

計算式
住宅ローンの年間返済額÷年収×100

 

具体的に計算してみましょう。年収400万円の人が月々10万円、年間120万円の住宅ローンを組むと、120万円÷400万円×100=30%となり、無理なく返せる範囲と言えます。しかし、月々12万円、年間144万円の住宅ローンを組むと144万円÷400万円×100=36%となり、無理のある返済となってしまいます。

 

この返済比率を見て、さらに住宅ローン以外の返済比率を合わせると銀行側は、この人に融資しても返してもらえるのか迷うことになります。銀行としては、無理のない範囲で融資を行い、利息を含めてきちんと返してもらうのが一番です。

 

・返済比率を低くする方法
住宅ローンの審査に通りやすくするには、返済比率を下げることが大切です。まず、住宅ローンだけで見るなら、頭金を用意して借入金額を減らしたり、物件自体の値段を下げる必要があります。家計全体の返済比率をみるなら、住宅ローン以外の借入金額を減らすことです。出来ることなら完済して、住宅ローンを申込むと問題なく融資を受けることが可能です。

 

また、逆に収入を上げるという方法も有効です。夫婦共働きの方なら夫婦で住宅ローンを組むことも可能です。借入金額を減らすか、収入を増やせば返済比率は低くなります。住宅ローンを組む前に家族で事前に相談して決めましょう。

ブラックリストに載ったら住宅ローンは難しい

住宅ローンをはじめ、ローンを組む場合必ず貸付側は利用者の信用情報を確認します。信用情報とは、過去一定期間の借入状況、返済状況、事故情報などを載せたものです。

 

事故とは、任意整理や自己破産などの債務整理をした記録や遅延などの記録のことです。信用情報は個人信用情報機関に保管され、融資を申込まれた銀行などはこの機関に信用情報の開示を求めます。これがいわゆる「ブラックリスト」と呼ばれるものです。

 

残念ながら信用情報に事故情報などが載ると融資を受けるのは難しいと言えます。あなたが他人にお金を貸すときに、その人の過去を調べたら「この人はうちとの契約を破り、お金を返さなかった」と記録があったらどう思いますか。

 

もしかしたら、同じように契約を守らないかもしれないので融資をするのはやめようと思うでしょう。銀行側も同じように考えます。よって、一度借入をしたら自分の信用情報を守る為、きちんと返済することが大切になります。

 

・借金がある人が住宅ローンの審査に通る方法とは
たとえ他からの借金があったとしても、返済比率も低く、過去に事故などを起こしていなければ借入は可能となります。特にプロミスはSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)消費者金融です。銀行グループで安全性の高い消費者金融なので、その借入れだけで不利になることはありません。

 

もちろん収入や年齢など銀行側の融資対象になっていることが大前提です。そもそも融資の条件などは銀行によって異なります。銀行では住宅ローンの相談会なども実施しているので、それらを利用してから申請をするのが良いでしょう。

 

同時にすでに借入をしているところの返済は絶対に遅れないようにしましょう。信用情報に事故情報が載ってしまっている方は、信用情報が消えるまで一定期間は他の借入は出来ません。頭金を貯める期間と割り切って、情報が消えるのを待ちましょう。

 

・借り入れが住宅ローンに影響を与えないためには
借入が住宅ローンに影響を与えないようにするには、返済比率を下げ、事故を起こさないことが大切です。しかし、最も有効なのは「完済」することです。

 

現在プロミスから借入している分を完済してしまえば、審査に影響はなくなります。住宅ローンも同じ借金です。まず、大きな借金を抱える前に、現在の借金を整理しておきませんか。家計の見直し、収入増加を目指したり、色々な方法があります。

 

「夢のマイホーム」を持つために、情報収集と現状の見直しを家族全員でしてみましょう。家族の絆も深まり、より楽しい未来が築けるかもしれません。