プロミス住所変更

住所変更をしたいときはどこに連絡をすればいいの?

消費者金融を利用する場合、数年単位のつきあいとなることが多いです。しかしそうなると、引っ越しや転職、口座変更、結婚などでいろいろな手続きが必要なることが出てくることでしょう。ここでは、そんな登録情報の変更について、プロミスの場合はどうすればいのか、詳しく解説していきます。

 

プロミスの申込時に入力した情報から変更があった場合、その変更は必ず連絡して、変更届を出さなければいけません。これは、契約時に確認する規約にも明記されており、もし14日以内に変更届が出されなければ、最悪の場合は一括返済しなければならないという罰則的な内容まで書かれていることですので、守らなければいけません。

 

また、契約の問題だけではなく、もし変更届をしていなかったことが後でプロミスに知れてしまった場合、「逃亡」と見なされて事故情報が登録される可能性があります。そうなってしまうと、プロミスだけではなく他の金融機関でもお金を借りることができなくなってしまいますので、安易に考えていてはいけません。

 

では、実際に住所や勤務先、電話番号などが変わったら、どこに連絡すれば良いのでしょうか? プロミスのホームページによると、以下の問い合わせ先が用意されています。

 

・自動契約機
・変更ハガキ
・会員サービス(PCかスマートホン)
・プロミスコール(0120-24-0365)
・お客様サービスプラザ(店頭窓口)

 

これらの中の都合のいい方法で、できるだけ早く連絡をとらなければいけません。

 

なお、変更する内容によっては、信用情報の参照も含めて審査が行われる場合がありますので、ご注意ください。具体的には、住所変更の場合には、改めて信用情報の参照が行われるようです。また、勤務先変更の場合は別途給与明細の提示を求められます。(転職後14日以内の場合、給与が支払われていないのが一般的だと思います)どちらにしろ、返済能力に問題がなければ、特に不利になることはありません。しかし、もし再審査の結果、貸し倒れリスクがあるとプロミスが判断した場合には、追加の借り入れができなくなったり、強制解約されたりする可能性もあります。

 

では、具体的な手続き方法について、紹介していきましょう。

 

 

自動契約機でのお問い合わせ方法

 

自動契約機で申し込んだことがある方の場合は、それほど難しくはありません。

 

1.自動契約機の営業時間(9:00から22:00(一部店舗は21:00))のうちに出向いてください。
2.メニューに従って「登録情報の変更」を選択します。
3.新しい住所を入力します。
4.本人確認書類を提出します。このとき、本人確認書類に記載されている住所と3.で入力した住所が違っている場合、納税証明書や公共料金の領収書などの別途資料が必要ですので、ご注意ください。

 

 

変更ハガキでのお問い合わせ方法

 

変更ハガキは、プロミスATMコーナー内に設置されていますので、お近くのATMコーナーから取得してきましょう。

 

変更の手続きについては、必要事項を記入し、必要書類を添付して投函するだけで完了です。ただし、投函してから実際に変更が反映されるまでに3日以上(1週間ほど)かかりますので、お急ぎの方は別の方法をオススメします。

 

 

会員サービスを利用したお問い合わせ方法

 

プロミスのホームページからログインすることで、24時間365日いつでもいろいろなサービスを受けることができる「会員サービス」では、登録情報の変更も可能です。

 

「会員サービス」へログイン後、[各種設定変更]―[住所・勤務先変更]と進んだ後に住所の変更を行ってください。

 

なお、毎週月曜日の0:00から7:00と元旦の終日は定期メンテナンスが行われて使えませんので、お気をつけください。

 

 

プロミスコールを利用したお問い合わせ方法

 

プロミスのコールセンター(0120-24-0365)へ電話して、オペレーターへ住所変更したい旨を伝えることで、直接やりとりしながら手続きすることができます。この方法であれば、住所を入力する手間がありませんので、もっとも手軽な住所変更の方法かもしれません。ただし、営業時間が9:00から22:00(年中無休)と決まっています。

 

また、女性専用の「レディースコール」という、必ず女性オペレーターが対応する窓口もありますので、男性との電話が苦手な方は、そちらにかけてみれば良いでしょう。