プロミス一括返済

プロミスの一括返済方法

プロミスで一括返済を考えている方は必見です。ボーナスや臨時収入があった時に一括返済しようと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、実際どのくらいお得なのか、手数料は取られるのかなど、不安な面も多くなかなか実践出来ない方も多いようです。

 

そんな方の為に、一括返済について、どうお得なのかから、どうすれば良いのかまで解説していきます。また、プロミスでお得に返済するにはどうすれば良いのか悩む方にもぜひ読んで欲しい内容になっています。

 

 

現在プロミスは資本もしっかりしていて、歴史も長いので消費者金融の中でも特に安心して利用できるカードローン会社です。多くの方がプロミスを利用していますが、プロミスで借入をした場合、賢く返済する方法をご存知ですか。

 

プロミスで賢く返済をするには、一括返済がお得です。なぜお得なのかを知るには、プロミスの返済方式、「残高スライド元利定額返済方式」を知る必要があります。

 

・残高スライド元利定額返済方式について
言い方を変えると、残高スライド元利定額リボルビングと言います。リボルビングとは毎月少しづつ分割で返済していくことを言います。残高スライドとは、毎回返済後の元金に定率を掛けて最低返済額を決めることを言います。元利定額とは返済額から利息を差し引き、残りを元金に充てることを意味します。

 

この返済方式は3つの方法を合わせた言葉と言えますが、要は返済額が残高に応じて変わり、その返済額を毎月支払っていくことです。メリットは毎月の返済額の負担が少なくて済むことですが、デメリットはその分返済期間が延びて多くの利息を払うことです。

 

利息は、金額が多く、返済期間が延びれば延びるほど多くかかります。そのデメリットを解消するには、一括返済がオススメです。

 

・一括返済
一括返済は一回の返済で残りの全額を返済することです。一括返済の場合、返済日によって金額が変わってしまうので、まずプロミスコールに電話をして金額を確認する必要があります。いつ一括返済するか伝えれば返済金額を教えてくれます。

 

金額が分かれば、返済日にその金額を返済すれば終わります。返済方法は以下の方法になります。
1. インターネット返済
2. 店頭窓靴
3. プロミスATM
4. 提携ATM
5. コンビニマルチメディア端末
6. 銀行振込み

 

ただし、提携ATMでは硬貨の取り扱いが出来ません。端数が出た場合多めに払って後から店頭窓口か銀行振込みで返金するか、次回の借入で相殺することになります。

 

●プロミスの返済日について
プロミスの返済日は5日、15日、25日、末日からご自身で選びます。この日までに最低金額を振り込めば良いだけで、それ以上の金額を振り込んだり、返済日前に一括返済しても問題ありません。

 

ただし、口座振替を利用している人は毎月契約内容に沿った金額が引き落とされるので、一括返済する場合は、プロミスコールに電話をして一括返済する日と金額を確認して先ほど書いた返済方法のいずれかを選んで振込みをすることになります。

 

●一括返済でお得になる具体的な数字
実際に今残高を一括返済するといくらくらい利息がお得になるのか計算するには、プロミスHPの返済シュミレーションが役に立ちます。例えば、50万円を実質年利率17.8%で借りて、80ヶ月で返済するとしましょう。

 

月々の返済金額は10,716円で済みますが、返済総額は857,251円になり、利息はなんと357,251円にまでなってしまうのです。期間が短ければその分利息は少なくて済みます。余分なお金を払うことを考えたら少しでも早く返済した方が良いでしょう。

 

・プロミスの30日間無利息サービス
プロミスでは初めての利用者を対象に、Eメールドレスを登録、Web明細の利用を選択すると30日間無利息で利用できるサービスがあります。これを使えば、30日間利息なしで借入可能です。このようなサービスを利用するとより利息を節約することが出来ます。

クレカのリボ払いは選択しない方がいいというのは本当か?

リボ払いは、先ほど言ったように毎月の負担を低くする代わりに、長期の返済になり、返済総額が大きくなる可能性があります。これは、負担を先送りして、将来の自分の可能性をつぶしていることと同じです。

 

先ほどの返済シュミレーションの結果を見て下さい。50万円の借金を先送りにしたばかりに、35万円余計に支払いをしました。人生という大きな目で見た時に、35万円別で使える機会を失っているのです。35万円あったら何に使いますか。大きな買い物も出来るし、生活もだいぶ楽になりますよね。少なくとも35万円あったら消費者金融にプレゼントしたいと思う人はいないはずです。

 

リボ払いは月々の負担が少ないので、つい目先のお金にとらわれてよく理解しないまま余計なお金を払うことになります。大きな目で支払う総額を見つめ直してみて下さい。

 

●一括返済も手数料は変わらない
プロミスの返済方式である「残高スライド元利定額返済方式」の場合、返済額によって利息が変わることはありません。例えば最低金額1万円で5000円の利息がかかるとすると、1万円返済すると利息5000円、元金5000円になります。2万円返済すると利息5000円、元金1万柄5000円で元金が早く減る仕組みになります。

 

よって、一括返済が難しくても毎月最低返済額以上を返済する繰上げ返済でも将来的に払う利息の金額は減らすことが可能です。また、今まで振込の支払いで手数料を支払っていた方にとっては、その手数料も減らすことが可能です。

 

手数料は各支払い方法によりますが、多くは金額が多くても変わることはありません。なので1回数百円支払っていた場合、一括返済で数回分減らせられればその分手数料も安くなります。

 

一番良いのは、なるべく利息のかからない方法を見つけてから借入をすることですが、すでに借入をしている場合ボーナスや臨時収入が入ったらすぐに返済をしてしまうのが良いでしょう。無理のない範囲で早めの完済を目指しましょう。