プロミス保証人

プロミスが保証人を必要とするケースはどんな時?

お金を借りる行為に関連する事柄として「保証人」という要素があります。

 

最近では「保証人不要」という謳い文句をよく見かけますが、プロミスでの借り入れでも保証人は不要なのでしょうか?

 

そこで、プロミスでの借り入れと保証人の関係についてまとめてみました。

 

プロミスのキャッシングにおいて、保証人が求められるようなケースは存在しません。審査に通る状態であれば、借りる人がどのような属性の持ち主であったとしても、保証人を設定しなければならないことはありません。

 

通常、お金を融資する場合において、その融資の返済を保証する方法として「担保」や「保証人」というものを求められるケースが有ります。これは、主たる債務者の返済が滞った際に、担保を差し押さえて返済に充てたり、保証人に代わりに返済してもらうという方法を取るためです。

 

具体的な例としては、「住宅ローン」がわかりやすいかと思います。住宅ローンは、住宅の建築費用を融資するローンなのですが、万が一その借りたお金を返すことが出来なければ、その融資で建てることになった住宅を担保として差し押さえられてしまうのです。

 

こうすることで、お金を貸す側としては「貸し倒れ」が発生した際に、その損害を最小限に抑えることが出来るというわけです。住宅ローン以外にも、融資の審査の際に「この人にお金を貸すのは少し心配」といった評価を下された場合に、その決定打として保証人を設定することを求められる事があります。

 

しかし、プロミスの融資の場合は、いかなる相手にお金を貸すことになるとしても、保証人を必要とすることはありません。審査において問題がある場合であれば、保証人を立てるといった選択肢を用いること無く、その人は審査に落とされる事になります。

 

なぜ、保証人を全く必要としないのかといえば、主な理由は2つ考えられます。一つは「手軽にキャッシングを利用できないから」です。皆さんも「保証人が必要になります」と言われたら、そのキャッシングは敬遠するのではないでしょうか?保証人を必要としないことによって、気軽にキャッシングを利用してもらうという狙いがあります。

 

もう一つは「保証人の審査の手間がかかるから」です。審査の結果、その人は保証人が必要な属性の持ち主であったとして、さらに保証人を用意させるとなると、プロミス側はその保証人の審査も必要になります。これは大きな手間となりますので、保証人を必要としていないのです。担保でも同様です。

 

このように、保証人を設定することはプロミス側としてもデメリットが多いのです。

 

無収入だけど保証人がいる場合は借りられるのか?

では逆に、条件が悪い人が最初から保証人を設定するつもりで審査に臨めばお金を借りられるのかという疑問が湧きます。結論から言えば、無収入の人が保証人や担保を用意していたとしても、プロミスでお金を借りられる可能性はゼロに等しいです。

 

先程も説明しましたが、保証人は融資の返済を保証するにあたって大きな役割を持ちます。貸す側としては返済の確保を、借りる側としても融資を受けるために必要なことなので、どちらにも一定のメリットが有ります。

 

一般的に、無収入、つまり「収入がない人」というのは、お金を借りすことは出来ません。お金を貸しても、その返済の根本となるのは収入であり、収入がないということはつまり「返済のあてがない」ということです。そんな人にお金を貸すことなんて出来ません。

 

その返済の保証を、保証人を設定することで補うというのは、確かに理にかなっています。実際に、消費者金融によっては保証人を設定することによって、普通の条件ではお金を貸すことが出来ない人にもお金を貸すというケースは有ります。

 

しかし、そもそもプロミスでのキャッシングにおいて、「保証人を設定するというシステム」自体が存在していないのです。つまりこれには2つの意味があって、「保証人を用意しなくても良い」ということと、「保証人を用意してはいけない」という意味があります。無収入の人が保証人を用意することでお金を借りようとする行為は、後者の方に抵触するのです。

 

プロミスがお金を貸す基準となるのは、あくまでも「本人の返済の返済能力=収入」なのです。返済をするために必要な収入がなければ、お金を借りることが出来ないのも当然なことです。どれだけ優れた保証人や担保を用意したところで、プロミスでお金を借りることは諦めなければなりません。

 

 

●無収入の専業主婦は?夫の収入で借りられるのか?

 

本人に収入のない専業主婦の場合、保証人は不要なのですが原則としてプロミスでの借り入れは不可能になっています。

 

専業主婦は、基本的にパートナーの収入で家計を同一とし、本人は家事や子育てを行うことになります。本人には、収入が一切存在しない状態となります。この状態では、お金を借りることが出来ません。

 

もう一つ理解しておきたいのが「総量規制」です。総量規制は、消費者金融での借り入れに対して適用されるルールであり、原則として「年収の3分の1」を超える金額を借りることは出来ません。収入がゼロの専業主婦の場合は、0÷3=0ということになりますので、そもそも消費者金融でお金を借りることが出来ない事になります。

 

しかし、これには例外があり、パートナーの年収を専業主婦の年収に組み入れて計算することも出来ます。例えばパートナーの年収が300万円の場合は、その3分の1である100万円までなら消費者金融で借りられることになります。ただし、そのパートナー自身がお金を借りている場合には、その分は借りられないことになります(既にパートナーが総量規制ギリギリの場合は利用できないということになる)。

 

このルールを利用すれば、本人に収入の存在しない専業主婦でも消費者金融でお金を借りることが出来ると思うかもしれません。しかし、これには一つの「認識の間違い」があるのです。上記の「パートナーの年収を含んでも良い」というのは、あくまでも「ルールの例外」であって、それを消費者金融に強制することは出来ないのです。

 

つまり、「このルールを利用できるから、お金を貸して欲しい」ということを、消費者金融に強制することは出来ません。消費者金融は総量規制の例外を利用して、専業主婦にもそのパートナーの年収の3分の1までならお金を貸すことが出来ます。しかし、あくまでも「貸しても良い」というだけであって、「貸さなければならない」ではないのです。

 

一般的に、プロミスを含む消費者金融では、本人に収入の存在しない専業主婦にお金を貸すことはありません。ルール上、貸しても法律上問題はないのですが、消費者金融の側が拒むのです。

 

ただし、本人がパートをするなどして安定した収入が存在する場合には、その金額を基にしてお金を貸すことは出来ます。つまり、パートをしていない専業主婦の場合だと、プロミスでお金を借りることは出来ないのです。学生でも同様であり、アルバイトをすることでキャッシングを利用できます。

融資に必要なものは?借り入れの仕組みを理解する

プロミスの借入の申し込みの際には、最低限「本人確認証」と、必要に応じて給与明細書などの「収入証明書類」が必要になります。50万円を超えない、および他社の借入額との合計が100万円を超えない場合には、収入証明書類が不要になります。なお、印鑑や保証人、担保のたぐいは一切不要となります。

 

さて、契約の申し込みに際して必要なものは以上の書類になるのですが、基本的に求められるものとしては「本人の返済能力」となります。具体的に言えば、「本人の安定した収入」ということになります。

 

借り入れの基本的な仕組みとしては、借りたお金は毎月少しずつ返済していきます。その返済額には、その日までの分の利子を付けて支払う必要があります。毎月の返済額は年収に基づいて利用限度額が決められているので、毎月の収入の一部を利用することで苦労すること無く返済することが可能になります。

 

極端な話をすれば、お金を貸す側としては返済能力の根幹である収入の有る無しが、お金を貸せるかどうかの大きな分かれ道となるのです。金融機関の一種である消費者金融としては、お金を融資することで利益を出すしかありません。そのためには、消費者金融はお金を貸して、返済に際して利息を得ることが必要になります。

 

利息を得るためには、継続的かつ健全的に返済を受け続ける必要があります。そうしなければ、返済途中で貸し倒れを起こしてしまうことで利息どころか、元本の回収さえも困難になります。返済ができるかどうかは、その人に収入があることが基本となります。その上で、過去に金融事故を起こしていないか等の情報も参照し、その人が「きちんとお金を返してくれる人なのかどうか」を、審査で判断しているのです。

 

いくら本人に「返済の強い意志が有る」とか「過去に延滞や貸し倒れを起こしていない」といった条件が揃っているとしても、本人に収入がなければお金を貸すことは出来ません。収入がないということは、貸したお金を返済するための根拠を持たないということになります。仮に借りたお金をそのまま返済に充てても、利息の分だけ不足するので同じことです。

 

 

●プロミスが人気な理由

 

まず「限度額が高い」ということです。プロミスのフリーキャッシングの利用限度額は1〜500万円で、これは消費者金融の中でも高い部類になります。

 

前述の「総量規制」の影響があるので、利用限度額は年収に依存することになります。500万円の限度額を利用するためには、その3倍となる1500万円の年収が必要になります。

 

しかし、いくら年収が多くても、その消費者金融の設定している利用限度額が100万円だとか300万円だと、その金額以上は借りることが出来ません。その場合は他の消費者金融や銀行から借りることになりますが、借入件数が多いほどに審査基準は厳しくなってしまいますし、審査を受けるのも面倒です。

 

限度額が多いことは、それに見合うだけの年収が必要にはなりますが、プロミス一社だけで借りられる金額が多くなるという事にもなります。

 

次に「金利が平均的」ということです。プロミスの実質年利率は4.5%〜17.8%であり、これは特に珍しい数字ではありません。

 

金利の高さは、利息の高さに直結するので、返済の負担の大きさに影響します。プロミスの金利は消費者金融の中でも平均的なものであり、利用しやすい金額であるといえます。特徴がない数字であるということは、それだけ平均的な利用が可能になるということなのです。

 

次に「申込方法が多様である」というポイントです。プロミスの場合、「インターネット」「自動契約機」「プロミスコール(電話)」「郵送」「店頭窓口(直接)」という多様な申込方法があります。

 

人によって「この方法なら利用しやすいけど、この方法だと面倒だな」と思う申込方法があるかと思います。しかし、消費者金融によっては特定の方法だけが用意されていることもあり、自分の望んだ申込方法が用意されていない可能性もあります。

 

プロミスの場合は5種類もの申込方法が用意されているので、それぞれの特性を見極めた上で、自分好みの申込方法を選ぶことが出来ます。

 

最後に「初回30日は無利息で利用できる」ことです。プロミスを初めて利用する人の場合、借り入れから30日間は利息が発生せずに利用することが出来ます。 *30日間無利息サービスを利用する場合はメールアドレスを登録することと、Web明細利用の登録することが条件となっています。

 

「たった30日」と思われるかもしれませんが、その間に返済することが出来るのであれば、利息を支払う必要が無いのです。ちょっとしたキャッシングや、「利息を払うのはもったいない」と思う場合には、30日以内に返済することで無利息でのキャッシング利用が可能になります。

 

これ以外にも、プロミスには利用しやすい特徴・サービスが数多く用意されています。キャッシング初心者でも安心して利用することが出来るサービスが用意されていますので、今までキャッシングを利用したことがないけど急にお金が必要になったという場合には、プロミスの利用をおすすめします。

 

 

■まとめ

 

プロミスでは保証人を必要としませんが、同時に「保証人を用意できない」という制限になることも理解しましょう。それを理解することができれば、利用者にとって利用しやすいキャッシングであるといえます。

 

保証人を用意できないので、重要になるのは「本人の返済能力=収入」です。パートナーや家族にそれなりの収入があっても、あくまでも本人の収入が重要ですので意味がありません。逆に言えば、安定した収入さえあれば誰にでも利用できますので、やはり利用しやすいキャッシングであると評価できます。