プロミス限度額

プロミスの限度額変更方法

プロミスカードローンを利用したけど、希望額より少し足りない…そんな思いをした方も多いでしょう。
プロミスをはじめ、多くのカードローン会社では、契約時の利用限度額は低く設定されています。
希望額を借りるためにするのは、限度額の変更です。
これらの手続き方法から、押さえておくべきポイント、注意点をまとめました。
実は、限度額変更は気を付けなければ大変なことになります。
これを読んでポイントを押さえて下さい。

 

 

プロミスカードローンで限度額の変更をするには、2つの方法があります。

 

まず、プロミスから「限度額の増額が可能」と連絡がきた場合です。
この場合、「増額を希望します」と伝えればプロミス側が手続きをしてくれます。

 

次に、自分で増額をお願いする場合です。
電話や来店でも対応してくれますが、プロミスはインターネットでの申し込みを受付けています。

 

来店不要なので、時間がない時や、店舗が近くになくてもすぐに申し込むことが可能です。

 

インターネットで申し込む場合、まず会員サービスにログインをします。
会員サービスの各種お申し込みメニューから「限度額変更申込」ボタンをクリックします。
希望限度額、希望連絡先・連絡先電話番号を記入し、送信するだけです。

 

手続きは以上となります。
その後、必要な手続きに関して電話連絡が来ます。

 

・用意するもの
以下の条件に当てはまる場合、収入証明書が必要となります。
1. 希望の利用限度額が50万円を超える場合
2. 希望の利用限度額と他社の利用残高が合わせて100万円を超える場合

 

収入証明書として認められるのは以下の書類です。
1. 最新の源泉徴収票
2. 最新の確定申告書
3. 直近2ヶ月の給与明細+1年分の賞与明細書

 

これらの書類は、会員サービスから送信したり、郵送で送ることが出来ます。
条件に当てはまらなくても必要となる場合もあります。
あらかじめ用意しておくと審査がスムーズに進みます。

 

●審査の時間
審査受付時間は、平日の9:00から18:00です。
それ以降の申し込みは、翌営業日以降になります。

 

審査は早くて当日に終わります。

 

スムーズに終わる為に、申し込み前に書類を用意し、時間に余裕をもって申し込みを行いましょう。
●最大増枠可能額
限度額という言葉には2つの意味があります。

 

まず、1つはプロミスのHPなどに書かれている「限度額」です。
これは、プロミスが「〇〇円まで貸すことができます」と謳っているものです。
プロミスの限度額は500万円までになります。

 

次に、利用者が借りられる限度額「利用限度額」があります。
これは、プロミスの審査により、2つの基準で決まります。

 

1つ目は、プロミスは消費者金融のため、総量規制の対象となります。
よって、年収の3分の1までしか借入れできません。

 

2つ目は、利用者の信用度です。
年齢、勤務先、収入、他社への借入、過去の債務状況などを見て、利用限度額を決めます。

 

つまり、最大増枠可能額は、年収の3分の1までです。
仮に、年収が2400万円の場合、年収の3分の1は800万円になります。
しかし、プロミスの限度額が500万円なので、利用限度額は500万円までとなります。

限度額変更の際に審査に通りやすい人の特徴

限度額変更審査の通過基準は明確には公表されていません。
しかし、以下のような方が通りやすいと言われています。

 

1. 半年から1年以上借入を行っている方
2. 1度も返済が滞っていない方
3. 申込んでから他社へ借入を行っていない方
4. 申し込みから情報が変更となった場合、即座に変更届を出す方

 

限度額変更審査で見られるのは、信用度がどれくらい上がっているかです。
上記4つがきちんと出来ていれば、この人はきちんと返済してくれる人だと認定され、限度額が増額される可能性があります。

 

逆に、上記の事が出来ていない人、また契約時より収入が下がった方などは要注意です。
限度額変更の審査でも、契約時と同じように信用情報の照会などを行います。
嘘はバレてしまうので、気を付けましょう。

 

限度額の変更を初めから狙っているのであれば、毎月の返済は信用を積み上げていると思って下さい。

 

●審査に落ちるデメリット
では、審査に落ちた場合はどのようになるのでしょうか。
審査に落ちると、最悪、減額や利用の一時停止処置が取られたりします。

 

これらも、どのような基準で行われるのか公表されていません。
しかし、収入が下がったなど申し込み時と状況が変わってしまった方や、滞納して信用がない方がこのような処置を取られているようです。

 

これは、信用が下がったり、信用がない方が、増額を希望される=返済が厳しくなるという印象を与える結果、これ以上の融資をストップしたり、利用限度額を引き下げたりするのだと思います。

 

つまり、限度額変更の申し込みは、信用度を下げる危険性があると思って下さい。

 

ですが、プロミスはお金を貸して、金利を取ることで利益を得ています。
なので、信用度の高い人には多く、長く借りてほしいのです。

 

ポイントは、どれだけ信用度を上げられるかです。

 

審査に通りやすい人の特徴をもう一度読み、実行してから変更を申し出ましょう。