プロミス延滞利息

延滞利息とは?

プロミスで借入をしている方、これから借入を希望している方は、ホームページや契約書で「延滞利息」という言葉を見ることになります。この延滞利息実はすごく怖いものなのです。

 

うっかりしていて延滞利息を払うことになってしまったという人もいます。そうならない為に、延滞利息とはなにか、いつ発生するのか、どうすれば払わずに済むのかしっかり把握しておきましょう。

 

プロミスのホームページなどに明記してある「延滞利息」とは、約束の期日までに借りたお金を返済出来ない人が支払う損害賠償金のことです。つまり、返済の日にちや金額をあらかじめ決めたのに、約束を破ったので、その損害分を支払って下さいということです。

 

遅延損害金は利息制限法という法律に則って決められています。上限の実質年利率は20.0%で、ほとんどの消費者金融が上限いっぱいの実質年利率に定めているようです。プロミスも遅延利率20.0%(実質年利率)で設定されています。

 

この延滞利息は、元金と利息とは別に支払うことになります。つまり、完全に無駄な出費です。DVDのレンタルをした時に、返却日が今日までで明日以降に返すと延滞料金がかかるからなんとしても今日中に返却しよう!と思うことはありませんか。キャッシングの延滞利息とはレンタルの延滞料金と同じものだと思って下さい。

 

 

延滞利息の計算方法

 

延滞利息は、支払いが遅れた日数分だけ日割りにして支払うことになります。計算式は以下のようになります。

 

借入残高×遅延利息÷365日×支払い予定日の翌日から遅れた日数

 

例えば、残高100万円、遅延利率20.0%(実質年利率)、30日間支払いが遅れた場合は、以下の計算になります。

 

100万円×20.0%÷365日×30日=16,438円

 

16,438円余計なお金を払うことになるとちょっとゾッとしますね。この金額は借入残高が多ければ多いほど、支払いが遅れれば遅れるほど増えていきます。万が一遅れてしまった場合は、一日でも早く返済することが大切です。

 

ちなみにうるう年の時は365日ではなく、366日になります。延滞利息がいくらになるか分からない場合は、プロミスのコールセンターに電話をするとすぐに計算してくれます。

 

延滞利息の返済方法

 

延滞利息の返済は、通常の返済分とプラスして銀行振込みや提携ATMで返済すれば大丈夫です。ただし、延滞利息がどのくらいかかるのか、どのような対処を取るのかは状況次第で異なります。

 

1日返済日を過ぎてしまったらからと言って、自分で計算して振り込むのではなく、まずはコールセンターに電話して、どのように対処すればよいのか聞いてみましょう。遅れたからと言って怒られるわけではありません。この後どのようにすれば良いのかきちんと指示をしてくれますので、安心して電話をして下さい。

 

・返済日に返済されていないとどうなるのか

 

返済日が過ぎても返済の確認が取れない場合、プロミスから連絡が来ます。返済日が過ぎてしまうと怖いお兄さんが「金返せ!」とドスの聞いた声で電話をしてきたり、家まで来て怒鳴り散らしたりするのではないかと心配する人もいますが、そんなことはありません。

 

まず、電話で状況の確認をされます。大抵「返済の確認が取れないのですが、どうなさいましたか」程度の電話です。ここできちんと状況を説明し、いつまでに返済するという旨を伝えればその後連絡はありません。

 

ただし、ここで電話を取らないでいると家に郵送や会社へ連絡が来る可能性もあります。最悪の場合訴えられる可能性もあるので、きちんと連絡を取っていつ返済できるのか伝えておきましょう。

 

万が一、返済できる状況ではなくなってしまったら、弁護士や司法書士などの専門家に相談すると良いでしょう。専門家が状況に応じて債務整理などを進めてくれますので、その状況になったらカードローン会社からの連絡はなくなり、専門家とカードローン会社とのやり取りになります。

 

返済を伸ばせば伸ばすほど金銭的な不安だけでなく、精神的な不安も大きくなっていきます。専門家の無料相談などもやっていますので、それらを活用して早めに対処していきましょう。

 

延滞しそうになった時にやるべきこと

まず、1日でも返済が遅れることが分かったらすぐにプロミスに連絡をしましょう。場合によっては返済日を数日遅らせてもらえる可能性もあります。どのような対応になるかはその時の状況次第なので、まずは連絡をすることが大切です。

 

返済が出来ない状態というのは精神的にもきつく、電話でどのようなことを言われるのかと考えるだけで電話をするのも嫌になるかもしれません。しかし、電話をすれば返済日を遅らせてもらえたかもしれないのに、電話を掛けなかったがために大事になってしまったとしたら勿体ないと思いませんか。

 

どんな状況であれ、誠実に対応することが大切です。またその時、利息だけでも払える状況なのか、支払日を遅らせてもらえれば払えるのかなど自分がどう対応できるのかあらかじめ確認しておくと電話もスムーズに進みます。きちんと現状確認をすることも忘れないようにしましょう。

 

延滞に伴うデメリット

 

・2、3ヶ月延滞すると事故として記録される
・信用度が下がり追加融資・支払い延長が出来なくなる

 

延滞すると信用情報に事故として記録されると思う方もいるようですが、数日遅れたぐらいでは事故扱いにはなりません。ハッキリとした日数は明記されていませんが、2、3ヶ月延滞が続くと事故として記録されるようです。

 

数日返済が遅れるとまずは、状況確認の連絡がきて、連絡が取れればどのように対応するか利用者と相談します。しかし、連絡が取れなかったり、郵送拒否をしたりすると信用がなくなります。

 

信用がなくなると、その後返済しても、追加融資が認められなかったり、支払いの延長をしてもらなかったりする可能性もあります。消費者金融で借入をするのに一番大切なのは信用です。信用を築いていくという意味でも、何かあったらきちんと連絡をしましょう。

 

 

延滞をしないための返済計画

 

延滞利息は勿体ないし、延滞するとデメリットしかないので、一番良いのは延滞をしないことです。延滞をしないためには事前の返済計画と日々の管理が必要です。まず、借入をする前にご自身の収支、いくら借入が必要か、毎月いくら返済可能かをシュミレーションしてみましょう。

 

プロミスのホームページでも返済シュミレーションが可能です。そして、月に一度でも良いので、計画通りにできているかを確認して下さい。返済が滞る人の特徴は、初めにシュミレーションをしていなかったり、自分の収支が把握できていない人が圧倒的に多いです。

 

また、返済に遅れることの原因で意外と多いのが、うっかり忘れです。振込みをうっかり忘れて返済日が過ぎてしまったという方もいるので、そういう方は、プロミスの返済日お知らせメールや口フリ(口座振替)などを利用して、自動で引き落とすか忘れない工夫をすることが一番です。

 

返済不能に陥らないためにも、きちんと返済計画を立てて、日々チェックしていくこと、返済忘れを防ぐためにプロミスのサービスを活用したり、忘れない工夫をしておきましょう。

 

 

まとめ

 

延滞利息は、返済が遅れた場合のみ発生するものなので、普通に返済が出来ていればなんの問題もありません。ただ、返済が遅れることはちょっとうっかり忘れてしまったということもあるので、そうならないために対策も必要です。

 

なるべく無駄なお金を払わず、精神的な負担を増やさずに賢くキャッシングを行いたいものです。無理のない範囲で借入、返済を行いましょう。