プロミス3秒診断

プロミスの3秒診断とは?

今すぐお金が必要だけど、はじめての借り入れで不安だという方は多くいらっしゃいます。
審査申し込みして断られたらどうしよう!などと考えている時はプロミスの3秒診断が非常に便利です。
また、他社で借り入れがあるが、まだ借りられるのだろうかという方にも大変便利なシステムとなっている為、プロミスの3秒診断について説明したいと思います。

 

 

プロミスの3秒診断とは、プロミスのホームページ上にあるサービスになります。こちらのサービスは、プロミスに審査申し込みをする際、融資対象になるか事前に確認できるものです。

 

・3秒診断は何を診断するの?

 

3秒診断は、生年月日・年収・他社の借り入れ金額の3項目を入力して、プロミスの貸し付け基準に合致するかを診断します。
生年月日の入力により、融資可能年齢を判断します。20歳〜69歳以外だと審査が通りません。
次に年収と他社借り入れ金額の入力により、貸金業法の総量規制をオーバーしていないかを判断します。
年収の3分の1以上の借り入れがある場合、審査が通りません。例えば年収300万円で他社借り入れ金額が100万円を超えている場合等が該当します。

 

 

■3秒診断はどんなときに利用するの?

 

審査申し込みをする場合、記載する事項は意外とあります。氏名・住所・生年月日・連絡先・勤務先・勤務先住所・年収等記載しますが、これほどの情報を記載して審査に通らないとなるとかなり辛いと思われます。
さらに、通常の審査申し込みをすると、情報センターに情報照会をする為、照会履歴が残ります。
この様なデメリットをなくす為に3秒診断を利用します。

 

・信用情報に履歴が残るデメリット

 

審査申し込みをすると、消費者金融は、情報センターに他社の借り入れ状況を照会します。
この時に実際、借り入れをしなくても、照会がされたという情報が残ります。
この照会情報は、審査をする上で一番重要な借り入れ総額・借り入れ件数には影響はしません。
しかし審査をする側からするとあまり良い感情はありません。
なぜかというと、同一人物が様々な消費者金融に申込みをして、照会があるという事は
@ 自社に申し込みをする前に他社で審査が落ちているがその原因を自社はわかっていないのではないか?
A カードを一度にたくさん作って、後日現金を借りる時(例えばATM等で)一気に引き出すのではないか?
などと考えるからです。
この様な時、審査決裁者の感情は、本来であればすんなり審査が通るところを、融資する事が出来ないとか、利用限度額が減らすと言う事につながります。

 

 

■3秒診断の注意点

 

3秒診断は非常に便利なサービスですが、注意すべき点があります。
たとえば3秒診断で「ご融資可能と思われます。」と表示されても、正式に審査を申し込んだら審査に落ちたという方もいます。
3秒診断の結果が実際の審査と異なる事は十分考えられますので、この点を十分理解した上で3秒診断を利用して頂きたいと思います。

 

 

■3秒診断の審査結果と実際の審査が異なる時の理由

 

先ほど述べた様に、3秒診断の審査結果と実際の審査が異なる場合があります。
その時の理由としては次の3点が主な理由と考えられます。

 

・他社借り入れ金額の勘違い

 

他社借り入れ金額の入力時に、消費者金融の借り入れ総額だけを記載して、クレジットカードのキャッシング残高を含めていない場合が多くあります。
クレジットのショッピングは総量規制の対象外になっているので、キャッシングも同様と思われている方がいらっしゃるので注意が必要です。
尚、銀行のカードローンや住宅ローン・自動車ローン等もクレジットのショッピングと同様に総量規制の対象外になります。

 

・信用情報に事故情報が出ている

 

信用情報の事故情報とは、長期延滞や債務整理をした経歴を言います。気を付けないといけないケースとしては、本人が気付いていない状況で事故情報が出ている時です。例えば携帯電話の料金延滞も事故情報が出る可能性があります。
ごく稀ですが、間違えて事故情報が出ているケースもあります。全く身に覚えが無い場合は、情報センターに問い合わせをすると良いです。

 

・自宅や勤務の確認が取れない

 

審査申し込みで記載した住所や勤務先の確認が取れない場合、審査が通らない事があります。
審査の時、自宅住所を地図で調べる事がありますが、住所地が無いとか公共施設であったり、山や川であったりした場合等は確認が取れません。当然本人に確認を取りますがそれでも確認出来なければ融資は通りません。
また、勤務先も同様に在籍確認等をとりますが、こちらも確認出来なければ審査はとおりません。

 

■まとめ

 

プロミスの3秒診断は、「生年月日」「年収」「他社の借り入れ金額」の3点を入力するだけで、あっという間に融資対象者か判断してもらえる便利なサービスである事はご理解いただけたと思います。
しかし、この診断で必ず審査が通るものでは無いという事を十分に理解して申し込みをしないと期待を裏切られる結果となりかねません。
尚、正しく入力されて審査に落ち、全く身に覚えが無い場合等は先にも述べたように、情報センターに間違った情報が出ている可能性もある為、一度情報センターに問い合わせをすると良いかもしれません。