プロミス30日間無利息

プロミスの30日間無料サービスとは?

カードローンを利用しようと思ったときに「○日間無利息」という広告を良く目にします。
しかし、実際「無利息」というのは、どの様なサービスなのか?メリット、デメリットはないのか?いろいろ疑問が沸いてきます。
そこで今回、プロミスの30日間無利息サービスについて、具体的な内容や、メリット、デメリットについて分りやすく説明していきたいと思います。

 

プロミスの30日間無料サービスとは、プロミスと初めて契約する際に、Eメールアドレスを登録し、Web明細サービスを利用した場合、初回借り入れの日から30日間無利息となるサービスです。

 

・Web明細サービスとは?

 

Web明細サービスとは、本来プロミスの提携ATM等で借り入れをした際、「ご利用明細書」や弁済時の「受取証書」が書面で郵送されますが、契約時に「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択する事によって、書面の発送に変えて、パソコン・ケータイ・スマートフォンで明細を確認するものになります。
簡単に言うと、明細書を書面で受け取らず、プロミスのホームページ上で確認するサービスになります。

 

 

■プロミスの30日間無利息サービスの内容

 

プロミスの30日間無料サービスの内容を説明します。

 

・30日間無利息っていつから30日間なの?

 

○日間無利息というサービスには、契約日の翌日から○日間無利息と借り入れの翌日から○日間無利息の2通りがあります。
「契約日と借り入れ日は一緒じゃないの?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、契約と借り入れは別物になります。
わかり易い例としては、カードを作ってキャッシングをする時を想定してください。
カードを作る契約をしてカードが発行されます。ここが「契約日」です。
しかし、ここではカードを作っただけでお金は手元にありません。
後日、カードを使ってキャッシングをした場合、実際にお金が手元に入るのはこの時点になります。ここが「借り入れ日」となります。
この様に契約日と借り入れ日が違う事があります。

 

プロミスの場合は、初回借り入れ日の翌日からとなっていますので、初めてキャッシングをした次の日から30日間が無利息となります。

 

・無利息期間中に追加借り入れした場合はどうなるの?

 

プロミスの30日間無利息サービスを利用中に追加借り入れをした場合、初回借り入れから30日の終了まで追加借り入れ分についても無利息となります。
例えば、初めて1月1日に5万円を借りたとします。
この場合、5万円について、1月31日まで無利息となります。
その後1月15日に追加で5万円を借りた場合、この5万円も1月31日まで無利息となります。
2月1日から、総額の10万円に対して利息が発生します。
簡単に言ってしまうと、初回借り入れ日の翌日から30日間が無利息期間となり、その間に追加借り入れをしても、借り入れ総額が無利息となります。

 

・無利息期間中に返済日が来たらどうするの?

 

無利息期間に弁済日が来る事があります。
この場合は、約定通りの弁済をして下さい。

 

・無利息期間中に延滞してしまったら?

 

無利息期間中に延滞すると、無利息サービスが停止される場合があります。
この場合、必ず停止されるわけでは無く、その他の事情を踏まえて停止されます。

 

他社の無利息サービス及び低金利商品の内容と特徴

カードローン商品がある金融会社の無利息サービスと低金利商品についてまとめました。

 

金融機関 金利 無利息サービス内容 特徴
プロミス 4.5%〜17.8% 30日間無利息になります。 無利息期間のスタートが「初回借り入れ日の翌日」からになります。
レイク 4.5%〜18.0%

 

@ 30日間無利息サービス
限度額に関係なく、借入額全額が30日間無利息になります。 無利息期間のスタートが「初回契約日の翌日」からになります。

 

30日間無利息サービスと180日間無利息サービスの併用は出来ません。
A 180日間無利息サービス
限度額が1万円〜200万円までで、かつ借入額が5万円のみ180日間無利息になります。
ノーローン 4.9%〜18.0%
借り入れ翌日から7日間無利息 最初の借り入れから一週間無利息です。完済後翌月以降の借り入れも一週間無利息となります。
完済後に借り入れをすると、何回でも無利息サービスが適用されます。
三菱東京UFJ銀行 4.6%〜14.6%
無利息サービスはありません。 消費者金融に比べて、若干金利が低めの銀行系カードになります。
住信SBIネット銀行 2.49%〜
7.99%
無利息サービスはありません。 銀行系カードの中でもかなりの低金利商品になります。

 

 

■無利息サービスのメリットとデメリット

 

他社の無利息サービスや、低金利商品と比較して、プロミスの30日間無利息サービスのメリット、デメリットについて考えたいと思います。

 

・無利息サービスのメリット

 

短期で借り入れをする場合とってもお得
30日間無利息サービスは、最初の借り入れから30日間、無利息となる為、短期で資金が必要な場合、非常に得するサービスです。
例えば急な出費で次の給料日なら支払いが出来るといった場合は、金利無しで借り入れが出来る可能性があり、とってもお得です。
また、無利息期間のスタートも「初回借り入れの翌日」からとなっている為、あらかじめカードを作っておいても損する事はありません。

 

・無利息サービスのデメリット

 

長期で借り入れをする場合は注意が必要
無利息サービスの場合、通常金利は、銀行系カードローンに比べて高めになっている為、長期間で借り入れをする場合、結果として銀行系カードローンより多めに金利を支払う事もあり、注意が必要です。

 

 

■まとめ

 

基本的に無利息サービスとは、カードローンを利用する方に対する付帯サービスの一つとして少しお得な制度となっています。
しかし、そのサービス自体が商品の主体では無いため、各自で利用しやすいカードローンを選ばれる事が重要になります。
今回、無利息サービスの観点からカードローンを考慮すると、プロミスが金利も低めで、審査スピードも早くかなりおすすめ出来ます。